スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイズへの、クイズイベントへの僕のこだわり。

※この記事は、「クイズやる人アドベントカレンダー」に寄稿するつもりの内容でしたが、間に合いませんでした。

こだわる

1 ちょっとしたことを必要以上に気にする。気持ちがとらわれる。拘泥 (こうでい) する。「些細 (ささい) なミスにこだわる」「形式にこだわる」
2 物事に妥協せず、とことん追求する。「素材にこだわった逸品」


(引用元:goo辞書『こだわる』

クイズにしろ謎解きにしろ、イベントを作っていると妙にディテールにこだわってしまう節がある。

例えば、AnotherVisionで謎解きイベントの解説スライド(=司会の解説の時にスクリーンに映っているもの)を作ったりすると、解説には絶対に要らないのにカッコイイ背景をつけたくなったり。
例えば、クイズの練習会(決して本番ではない)に得点表示のためのプログラムを持って行ってテレビ画面を占領したり。

正直、自分でもムダなことをしていると思う。

でも、やりたくなっちゃうんだよなあこれが。

こんな時、僕は僕なりにストッパーをかけることにしている。


その《こだわり》は、何か他の重要なことを阻害していないか?


......ああ、「んなもん当たり前じゃね〜〜〜か!!!」などと怒りの声が聞こえてきそうだ。でもこれが僕なりのストッパーになっているし、そもそもこのブログのタイトルが『※あくまで林檎の感想です。』って言ってるくらいなので勘弁してください。


例えば、さっき例に挙げたクイズの得点表示について。

完全にルールのない早押しフリバ(=適当に問題を出して早押しクイズをする)でもない限り、なんらかの形で得点を計算して示す方法はやはり必要であるように思う。
でも、そのやり方はたくさんあって、

1)各参加者が自分の得点を自分で計算して、何点取ったかを自己申告する。
2)誰かがホワイトボードやらなんやらに得点まとめを作って、それをみんなで見る。
3)得点を計算して表示するExcelファイルを作って、プロジェクターなどで投影する。
4)得点を計算して表示するプログラムを作って、プロジェクターなどで投影する。

などなど。

もっとやりようはあるけど、とりあえずは上の4つに絞って話を進めていく。

1)は準備が何も要らないという意味で手軽さは一番。でもやはり大会とかをやるとなるとどうしてもダメ。

2)は準備はちょっとで済むけれど、見栄えはそんなによろしくなかったりする。でも、クイズのオープン大会とかではよく見る方法。大会場なら考えものだけど、数十人規模の部屋ならこれで十分成立する。

3)は多少のExcel知識があれば面倒なルールも一発で得点計算結果を弾き出してくれるので、そういう場合にはかなり重宝される。実際、サークルの例会からオープン大会まで、そこそこいろんなところで見られるように思う。

4)は(多分)準備の困難さが他の比ではない。そもそもプログラムができなきゃダメだし。しかし、時々そうしたスキルを持った人たちが大会運営に携わって美しい得点表示プログラムを見せてくれる。ちゃんと準備すれば、見た目の良さは上の3つを上回る(と、思う)。

それで、僕は「4)の得点表示プログラムが偉いよね」と言いたいワケではない。

僕が思うに、ここで大事なのはこう自問することだと思うのだ。

その《こだわり》は、何か他の重要なことを阻害していないか?

例えば。

凄いカッコいい得点表示プログラムを作ったとする。
見た目はバッチリ、雰囲気もサイコー。タイムレースなら残り時間を表示してくれるし、各ラウンドの結果を自動で集計してランキング出力までしてくれる優れもの。

でももしこのプログラムがundo(=やり直し)操作を実装していなくて、操作係が操作をミスってしまったらどうだろう。

司会は慌てて「あ、この人のこの得点はなかったことに......いや、次に正解した時にポイントが増えないようにしますから......え、あの人の連答記録が途絶えた? ええっとそれは......」などと醜く対応をしなければならない。

もしこのプログラムが、1問の操作に20手ぐらいを要求するものだったらどうだろう。

観客は「ああ、まだ操作終わらないのか、いいところなのに......」とイライラを募らせるかもしれない。

こんなことになってしまった日には、「演出」が主目的であるはずの得点表示のせいで、メインのクイズ進行が滞ることになってしまう。

そして、こんなことになるくらいなら《こだわり》なんて捨ててしまえ、というのが僕の信条となっている。

確かに演出をすることでプラスになることはあるだろうけれど、その代償として本当に重要なことが損なわれてしまっているのなら、そんな演出は失敗だろうと思う。冒頭に示した、「こだわる」の第1の意味が思い出される。「形式にこだわる」ってやつだ。

言ってしまえば、「そんなことになるくらいならホワイトボードでいいじゃん」ということになる。だってみんなに見えるし、ミスったら直せるし。


......でも、こだわることは決して悪いことではない、と僕は思う。

「こだわる」の第2の意味。「物事に妥協せず、とことん追求する」。

これは、間違いなくイベントをより良いものにしてくれると僕は信じている。

だから、中途半端はダメだ。

本当に重要なことは邪魔せず、だけどこだわる。

もしかしたら「どうでもいい」と思われるかもしれないこだわりが、イベントを素晴らしいものにするのだと、僕は思う。



(余談)
自分で作っておいてなんですが、今持ってる得点表示プログラムは、そんな「邪魔なこだわり」に近いものがあります。操作慣れした僕がギリギリストレスを感じさせない程度に操作できるかどうか、というところなので。

春頃をめどに頑張って作っていこうと思っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

林檎

Author:林檎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。